スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猪苗代湖ズ 
ものすごく個人的な感想の日記になっていますので、不快感をもってしまう方がいらしたらすみません><



先日見たTVで紹介されていたもので、ご存じの方も多いかもですが思わず聴いてるうちに涙がこぼれてきて、遠くから何も出来ず歯痒い想いをする日々で、この曲は被災地の人に向けての曲のはずが私自身が熱い気持ちになり、もっと何か出来ることを頑張って探していこうと前に突き動かされたので、どうか私のように思ってる方々にも聞いて頂けたらと思い急遽upしました。


携帯で↑反映されなかったので、こちらから試してみて下さいil||li (つω-`*)il||li





こちらの曲は、福島県で生まれ育ち、今は東京や横浜で暮らすミュージシャンとクリエーターの福島県人バンド『猪苗代湖ズ』が作成されています。
メンバーとしては

松田晋二( THE BACK HORN 福島県東白川郡塙町 )
山口隆 ( サンボマスター   福島県会津若松市 )
渡辺俊美( TOKYO No.1 SOUL SET 福島県双葉郡富岡町 )
箭内道彦( 風とロック   福島県郡山市 )の4名でのバンドです。


今回、3月11日の震災後からこの曲を作るまでにあたっては
『東日本大震災を受けて

激しい地震や津波の被災に加え、頻発する原発事故への不安、危機感に包まれる福島県。
故郷への恩返しをするのは今しかない、と立ち上がった四人の再集結。
決断からの行動は早かった。

3月17日。節電に最大限に配慮して、東京を離れて名古屋のスタジオへ向かい、
もちろん音源化されていなかった『アイラブユーベイビー 福島』を、レーベルの壁を越えて、
『I love you & I need you ふくしま』
としてレコーディング。
費用も最小限に抑えるため、サンボマスターのベーシストである近藤洋一に協力を依頼し、
快諾を得てエンジニア&プロデューサーとしての特別参加となった。

手弁当と最少人数、最小限の電力で生みだした、福島への愛の歌は、
わずか3日後の3月20日。配信シングルとして緊急リリース。
収益の全てを、故郷である福島県の「福島県災害対策本部」に義援金として寄付する。

今こそ、故郷に愛を伝える時。
是非、福島に、この曲を届けてください。
ダウンロードして、被災地に、大切な人に、想いを届けてください。

ご協力、よろしくお願いいたします。』(TOKYOU FMの一文より)


とされていて、この楽曲の収益が福島県災害対策本部に寄付されるそうです。
この曲は、福島に限局したものですが、福島のみならず多くの人を勇気づけてくれる曲じゃないかなと思い勝手ながら紹介させてもらっています><

詳しくは下記HPでご覧下さい↓
http://www.tfm.co.jp/blog/info/index.php?itemid=39067


涙が出る自分の弱さに腹立たしくなる瞬間があります、だからこそ無駄な涙にしないために少しでも出来ることをやれるように前を向ける自分でありたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。